*TOPIC*

  1. MobiPACS リリース

    iDO Viewer をはじめとした、タブレット系のビューアを「MobiPACS」ブランドとして統一します。iDO Viewer のライセンスをお持ちのお客様は、そのまま 「MobiPACS Lite」 の運用が可能です。

  2. Pathway Importer Ver 9.0 リリース

    インポートソフトウェア Pathway Importer Ver 9.0 をリリースしました。汎用 PDF ファイルの DICOM 変換機能の追加や、複数検査に渡って検査レベルの情報を一括変可能とする機能等、医療機関様の声を反映した各種機能を追加しています。

  3. 北米放射線学会(RSNA 2019)展示レポート

    米国シカゴ McCormick Place で開催されています RSNA 2019への出展レポートが届きましたので、一部ご紹介させていただきます。

  4. Pathway-PlusによるRDSRファイル表示機能リリース予定

    Pathway-Plus で DICOM機器から出力される照射線量情報であるRDSR(Radiation Dose Structured Report)ファイルの表示が可能となります。モダリティから直接受信して表示する運用、若しくは既存サーバから取得して表示する運用が可能です。

  5. RDSR表示用スタイルシート リリースしました。

    SoliPACS Server専用の、RDSR(Radiation Dose Structured Report)ファイル表示用スタイルシートをリリースしました。SoliPACS Viewerを介し、RDSRファイルの視覚化を可能にします。

  6. SoliPACS Viewer リリースしました。

    SoliPACS Viewer 画像診断用ビューアプログラムの認証を取得しました。日々の読影業務からカンファレンス、又はインフォームドコンセント等まで、幅広く使用可能なマルチモダリティ対応画像ビューアソフトウェアです。詳細は「製品情報」をご覧下さい。

  7. Pathway Disk Manager Ver1.0リリースしました。

    Pathway Disk Manager Ver1.0リリースしました。検索された複数IDの検査画像に対し、過去検査画像を同時に書き出す事を可能にするソフトウェアです。詳細は「製品情報」をご覧下さい。

  8. 国際モダンホスピタルショウ2019 ご来場お礼

    東京ビックサイトにて開催された「国際モダンホスピタルショウ2019」への展示出展を盛況のうちに終えることが出来ました。当社展示ブースにお立ち寄りいただきました皆さま、ご来場ありがとうございました。

  9. SoliPACS Server Ver11.1b リリースしました。

    SoliPACS Server Ver11.1b をリリースしました。DICOM 規格 2019c に対応しました。 Windows Server 2016 に対応しました。

ページ上部へ戻る