製品一覧

SoliPACS Server

SoliPACS Server

EnterprisePACSの中心となるDICOM Serverソフトウェアです。

Enterprise PACSの中心製品であるSoliPACS Serveは、全世界で3,000を超える医療機関で安定稼働を続けています。

SoliPACS Serverは「データの一意性」を信念として設計されており、安易なオリジナルDICOMデータの修正は許していません。管理者権限によるデータ修正機能、及びデータ削除機能は実装されていますが、必要に応じて新たなUID(Unique ID)を付帯させる等して、オリジナルデータの一意性を確保しています。

又、DICOMデータと、データベースの不一致も許しておらず、データの情報修正、及び削除が発生した場合は、DICOMデータ、及びデータベース共に修正、及び削除を実施し、データの一意性を確保します。

SoliPACS Serverの対応ネットワークSOP(Service Object Pair)Classは50を超えており、CTやMRIをはじめとした画像データとの通信はもちろん、ECG Waveformのような波形データ、及びRadiation Dose SRといった数値データとの通信まで対応済みです。

又、画像データが含まれたオブジェクトの通信においては、JPEG Lossless、JPEG Lossy、及びRLE Lossless、及びJPEG2000 Lossless、JPEG2000 Lossyの圧縮にも対応済みであり、通信相手を選ぶこと無く、同時に通信トラフィックの軽減も実現します。

更に、DICOM通信機器との同時アソシエーション数は64を実現しており、Enterprise PACSとしての稼働を約束します。

製品紹介(一部の製品が表示されます)

  1. SoliPACS Server
  2. SoliReport
  3. Pathway-Plus
  4. Pathway-Importer
  5. iDO Viewer
ページ上部へ戻る